top of page
  • 執筆者の写真院長

気を緩めず感染防止を

すっかり秋の気配を感じる季節となりました。コロナ感染状況も、当初に比べると、福岡県もかなり減少傾向にあるように思えます。1日も早い収束を心から願っておりますが、これからの季節はインフルエンザも加わる時期ですので、あらゆるウィルスに打ち勝つために、気を緩めずにお一人お一人がご自分で出来る予防策を地道に続けることが大切です。先日の講習会でのお話で、やはり感染への対策として、マスクの着用・手指の消毒徹底は非常に有効で、お互いにマスクをきちんと鼻まで覆い、正しくマスク着用を行っていれば、感染リスクは低いようで、もしご自身がマスクを着用しているが、お相手の方がマスクをされておられないならば、目をカバーして目の粘膜を保護する事で感染リスクは下がるとのお話でした。できる事ならば、毎朝検温、少しでも普段と何かしら体調が違うなと察知しましたら、すぐに検温をする習慣をこの際、身につけて参りましょう。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

久しぶりのブログ更新!

年は明け、新年度令和4年!!!今年も、一歯入魂で、熱く皆様のお口の健康 のお手伝いをさせて頂ければと思います!!! コロナが変異を続け、なかなか感染力が落ちないままの状況が続いて、全国的 に感染者数も想像を超えた数に達してきており、正直、いつ自らが感染しても おかしくない状況となっています。 コロナの感染が始まった当初から、徹底的なマスクの正しい着用、手指の消毒、 器具の消毒、換気、診療室内のオゾ

もう梅雨入りのようですね!!

九州南部は、早くも梅雨入りとの情報ですね。いよいよ今年も、本格的な夏への入り口に 入ってしまったようですね。このような季節の中、福岡県には3度目となる緊急事態宣言 が出てしまいまして、本当に見えないウィルスに対し、私たちはどのような対策を日常生活においてとり行っていくべきなのかを、再度じっくり考えていかなければならないと思います。コロナワクチン接種におきましても、なかなか順調に前進している状況では

Comments


bottom of page